青汁で食物繊維たっぷり乳酸菌で便通改善

顔

お茶も試したし、乳酸菌も色々試したけどなかなか便通が改善しないという方は「野菜不足」なのかもしれません。

 

厚生労働省が推奨する1日に摂取するべき野菜の量は350gとされていますが、実際には毎日約73gが平均して不足しているという調査結果が発表されています。

 

最近、野菜不足を感じていて腸の動きがあまり良くないと感じているのならそれは「野菜不足」が原因のひとつです。

 

なぜなら、野菜に含まれている栄養素には体の調子を整える成分が入っています。野菜が不足していれば体の不調はもちろん、便秘や肌荒れ、疲れが取れないなどの症状がでるからです。

 

最近では青汁に乳酸菌を配合した青汁も登場

顔

便秘に効く食べ物といえば、ヨーグルトなど乳酸菌が入ったものがイメージにわきやすいですが、いくら乳酸菌をとっていても元々野菜不足が原因だったら腸の動きもいまいち良くなりません。

 

食物繊維にも便秘や予防、改善してくれるはたらきがあるので、食物繊維と乳酸菌を同時に摂取するとより効果がでやすいはずです。

 

青汁は薬ではありませんし、元々が野菜でできているので長い間飲み続けても副作用もありませんし、危険もありません。

 

便秘の女性におすすめの青汁ランキング

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

便秘解消に青汁がおすすめな理由 青汁が苦手な人でも食べれる
便秘解消に青汁がおすすめな理由 お米由来の乳酸菌やオリゴ糖も配合
便秘解消に青汁がおすすめな理由 定期初回半額の特別価格

 

青汁の特有な味や苦味が苦手という人にも飲みやすいジュレなのでわざわざ水に溶かなくていいし、持ち運びも便利なので飲みたいときにすぐ飲めます。食物繊維はさつまいもの約29倍、植物を約40種類配合しているので一度にたくさん栄養素をとることができます。

 

藍の青汁

藍の青汁

国産有機大場若葉や国産藍という薬膳野菜、そして乳糖果糖オリゴ糖を配合しているので便秘の女性にもおすすめ。

卵殻膜美菜

卵殻膜美菜

国産野菜11種類に腸内フローラ、腸まで届く乳酸菌やスピルリナ、食物繊維、卵殻膜のコラーゲンなど多数配合しています。


便秘解消に青汁がおすすめな理由

どんな青汁がいいか悩んだら「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」がおすすめ

顔

青汁でもジュレタイプなので飲みたいときに飲めるからとても便利です。

 

40種類もの野菜はもちろん、乳酸菌、オリゴ糖、寒天などビフィズス菌や善玉菌を増やしたり悪玉菌を抑えて腸の動きをよくする成分がたくさん入っていますので便秘で悩む女性におすすめです。

 

 「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」はこちら