便秘解消にヨーグルトをとっても効果がない理由は?

ヨーグルトが便秘解消に効かない理由
  • ヨーグルトの乳酸菌は胃酸で死滅しやすい
  • 腸内の善玉菌に合わなければ意味がない
  • 砂糖が入って甘いので太りやすい

 

便秘には様々な原因がありますが、悪玉菌より善玉菌が優勢だと腸の動きが活発なので便秘になりにくいんですね。

 

ですので、善玉菌を増やすと便秘解消につながるというのは知ってる人も多いと思います。

 

でも、ヨーグルトをとっても善玉菌が増えない場合もあるんです。

 

それはなぜかというと、ヨーグルトに含まれている善玉菌はそれぞれ商品によって違うので自分に「合う」「合わない」というのがでてくるからなんです。

 

つまり、いつも食べているヨーグルトでは自分の腸内にいる善玉菌は合っていなくて全然効果がなかったということもあります。

 

他にも、乳酸菌やビフィズス菌は胃酸などに弱いので生きて腸に届かない=効果がないということもあります。

 

「生きたまま腸に届く」というキャッチコピーを耳にしますが、実際に腸に届いているかはわからないんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ですので、なるべく多い種類の乳酸菌が入ってて乳酸菌の数が多いヨーグルトがおすすめですがそういったものはコンビニやスーパーでは見かけません。

 

実は、ネットではそんな商品が多く販売されているんですね。特におすすめなのが乳酸菌を配合されているサプリメントです。

 

サプリメントならカプセルで守られているので胃酸や胆汁などでも乳酸菌が死滅せずに腸に届くような設計になっています。ヨーグルトはそのまま胃に入っていくので死滅しやすいですが、サプリならそんなことはありませんよ。

 

ヨーグルトが便秘解消に効かない理由
  • ヨーグルトの乳酸菌は胃酸で死滅しやすい
  • 腸内の善玉菌に合わなければ意味がない
  • 砂糖が入って甘いので太りやすい

 

スポンサードリンク